プロフィール

目安時間:約 9分

このたびは当ブログ「予想じゃ競馬は当たらない!」にご訪問いただき

ありがとうございます。

 

管理人のタカシです。

 

競馬歴40年を超えるオヤジ馬券師です。

 

40年競馬をしているということは・・・そうです、もう還暦過ぎの

62歳です。こんなに長くしかも毎週土日の競馬は1日も休んだことが

ないのに、何とか経済的破綻をせずにここまで頑張りました。

 

このブログでは、試行錯誤しながら僕が安定してプラス収支で競馬を

楽しめるようになった秘訣をお伝えしますね。

 

 

●タカシのプロフィール

 

僕が初めて競馬で馬券を購入したのが、1978年の有馬記念でした。

1978年ですよ・・・。なんと40年前です。

 

この有馬記念を勝ったのがカネミノブという馬です。僕にとっては

忘れられない馬名となりました。今振り返って思うと凄いんですが

9番人気でした。2着には牝馬のインターグロリアが入り、こちらは

10番人気でした。

 

枠連の2ー8で7330円つきました。

 

インターグロリアと同じ8枠に、競馬素人でも知っている有名な逃げ馬

エリモジョージが入っていて、しかも引退レース(と記憶しています)

でしたので8枠も購入したんでしょうね・・・多分。

 

 

これを読んでるあなたは、今きっと思ったでしょう「枠連??」

 

そうです。当時は発売されている馬券種は①単勝②複勝③枠連、この

3種類だけでした。驚きでしょう?

 

今は④馬連⑤馬単⑥三連複⑦三連単⑧WIN5と、当時の3倍近くの

種類の馬券を購入できますからね・・・。

 

さて、このレースなんと僕はビギナーズラックで1000円購入して

ましたので、いきなり7万を超える払い戻しです。40年前の、しかも

貧乏学生に7万円は大金でした。(当時は学生は馬券を購入しちゃ

いけなかったんですね・・・、時効ということで)

 

そこから毎週土日の競馬生活が始まります。もちろんさっぱり当たらずに

・・・迷走の始まりです。

 

 

あまりにも外れるので、研究するようになりました。当時から怪しい

競馬情報会社はありましたし、本屋さんには馬券攻略本も並んでいました。

 

僕は、まずは馬券攻略本を買い漁り読むことからはじめました。

 

でも、研究したからといって当たるほど競馬は甘くありません。試行錯誤の

連続でした。

 

 

26歳の時に7年間住んでいた東京から生まれ故郷の東北へ戻りました。

その時ばかりは、馬券の購入も減りました。なぜかって言うとウインズ

(当時は場外馬券売り場と言ってました)がないからです。

 

メーンレースを東京にいる友達に頼んで買ってもらっていました。

 

今のように、ネット銀行に口座があればすぐに馬券を購入できる時代では

ありませんでした。この時代が一番馬券購入に苦労しましたね。

 

そのうちに、JRAがARSという電話投票の権利を募集し始めました。

もちろん僕もすぐに応募。でも、なかなか当選しません。当時は募集人員も

少なかったんですね。希望するすべての人に対応できるシステムが構築

できなかったんでしょう。

 

程なくして、ケーブルテレビでグリーンチャンネルの契約をすると、

電話投票の権利が当たりやすいという話が聞こえてきて、さっそく

ケーブルテレビを契約しました。

 

この噂が本当だったかどうかは分りませんが、無事に電話投票権が当選し、

好きなだけ馬券を買えるようになりました。

 

今考えると笑っちゃいますが、現代のようにパソコンやスマホの画面を

クリックすれば馬券が買えるという訳ではなく、すべてプッシュ式の電話を

通して馬券を購入するシステムでした。

 

例えば、東京の9Rで馬連を3番流しで5番と8番と10番を100円ずつ

購入するとします。すると、東京競馬場の05、9Rの09、馬連流しの

994、軸馬の03、相手馬の05・08・10、100円ずつ購入の001で

「050999403050810001」と受話器の番号を押すんです。

 

考えられます?(笑)

 

これを数レース分やると大変ですよ。もちろん当時は携帯電話などありませんから、

G1レースなどの日は、友人知人に頼まれるので、テレフォンカードはバシバシ

減っちゃいます。もうヘロヘロでしたね。

 

今になって思い出すと良い思い出ですが(笑)

 

でも、当時は馬券を買えるというだけで幸せで、何の苦労も感じませんでした。

 

その後に、徐々にパソコンのシステムへ移行してきて、今あなたがパソコンや

スマホで購入していシステムになったわけです。

 

 

●馬券攻略研究の道

 

当初は、本屋さんで購入した馬券攻略本を読むことを中心として馬券戦略を

立てていましたが、その内に「日本競馬投資協会」なるものの存在を知りました。

 

1冊2万円前後もする馬券攻略本を発行するのですが、その内容が予想じゃなくて

「買い方」を中心としていわゆる競馬を投資として捉えるという考え方でした。

 

凄く斬新だったことを覚えています。今のようにネットで何でも検索して調べ

られる時代ではありませんから、一時は買い漁りましたね。

 

結果的には理論は正しいのかもしれないけれども、実際に利益を出すのが難しいと

いった感じだったでしょうか・・。

 

その後に衝撃を受けたのが「西田式スピード指数」です。聞いたことがある方も

多いのでは?このソフトを購入してパソコンで使用しました。ウインドウズ95

だった覚えがあります。

 

このスピード指数を基にして購入した馬券が万馬券になったときには驚きました。

その後に面倒くささなどもあっていつの間にか使わなくなっちゃいましたが・・。

 

 

僕が一番影響を受けたといえば、松雪猛広さんという方が書いた「メガトンチップ」

という日刊スポーツに掲載されているコンピ指数を使用した馬券攻略本でした。

 

この本を参考にした馬券購入はけっこう続いて、何回か万馬券をゲットしました。

 

そこで知ったコンピ指数については、かなり興味を持ち研究を続けましたし、

多くの本も読みました。今でもネットでコンピ指数に関する記事を見つけると

読んでいますし、マニュアルを購入したりしています。

 

そうやってたどり着いたのが、コンピ指数やオッズを使って確率に賭けるという

方法です。ここ数年はずっとそのやり方で、なんとかプラス収支を継続しています。

 

資金量にもよりますが、けっこうなプラス計上も可能だと思います。

 

僕は、根本的な資金量の少なさとビビリなので、そこそこの掛け金です。

 

でも、競馬で長くプラス収支を続けるのはけっこう難しいのが現実の中、

年間プラスなら成功ですよね。

 

このサイトでは、そんなプラスになる馬券攻略法をお伝えしていきますので、

ご期待ください。

 

競馬歴40年の「熟年の技(?)」を伝授します!!

 

 

 

プロフィール

096225

確率に賭ける馬券師:タカシ
詳しいプロフィール

人気ブログランキング!


データ理論ランキング

このサイトの情報はお役に立ちましたか?もし役に立ったのなら応援ポチをお願いします!

最近の投稿
当サイトのメニュー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報