セントライト記念 データで見えた勝ち馬!!

目安時間:約 6分

 

セントライト記念で強いのはなんと言ってもダービー出走組です。

 

ベタ買いでも過去10年で[6,4,3,16]なので勝率20.7%で

連対率34.5%です。

 

これをダービー最先着馬に限ると[4,1,1,4]の勝率40.0%で

連対率50.0%と一気に安心できるレベルの数字になります。

 

実は、ダービー最先着馬の着外の4頭のうち3頭は関西馬です。

 

ダービー最先着馬が関東馬だった場合には[3,1,1,1]と

勝率50.0%で連対率66.7%と鉄板レベルにまでアップします。

 

今年の場合は、ダービー最先着馬は関東馬のコズミックフォース

の3着ですから、これでキマリでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダービー出走馬以外では、ラジオNIKKEI賞で好成績を収めた馬が

若干いるだけです。やはりダービー組が強いです。

 

 

条件戦からは過去10年で3勝2着4回ですが、セントライト記念と同じ

2200メートルの阿賀野川特別組が目立ちます。

 

しかし、勝ち馬に関してはダービー組を中心に考えるのが正解でしょう。

 

 

今年のダービー出走馬は、アドマイヤアルバ・オウケンムーン・グレイル

・コズミックフォース・ジェネラーレウーノの5頭が登録しています。

 

アドマイヤアルバが9着で他の馬は二桁着順ですから、ここはやっぱり

コズミックフォースと言うことになりますね。

 

ただし、フェイトフルオーやキタサンブラックのようにダービーで大敗

しても勝ってしまうパターンもありますので頭に入れておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、中山の2200メートルは、前走で上がり最速を記録した馬の成績が

とても良いコースです。

 

過去3年間で複勝率が約40%あります。

 

前走で上がり最速だった馬は、ダービーのアドマイヤアルバ、条件戦ですが

ゼーゲン・タニノフランケル・レイエンダの4頭です。

 

タニノフランケルレイエンダは人気しそうですから、ダービー最速上がり馬

アドマイヤアルバゼーゲンが面白そうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セントライト記念は、ディープインパクト産駒が苦戦してステーゴールド産駒

の活躍が目立つのですが、今年はステーゴールド産駒の出走がありません。

 

そこで、過去5年の中山2200メートルでの勝率の高い種牡馬を調べたところ、

1位ドリームジャニー、2位ルーラーシップ、3位スペシャルウイーク、

4位スクリーンヒーロー、5位ディープインパクトの順です。

 

いましたね、ダービー出走馬でスクリーンヒーロー産駒のジェネラーレウーノ。

 

さらに、このレースの過去5年の連対馬の平均馬体重は496.8キロと大型馬が

強いレースです。ジェネラーレウーノの前走(ダービー)馬体重は498キロですし、

おそらく夏場の休養で増えているでしょうから、この点でもバッチリです。

 

 

ダービー出走馬の他にも、毎日杯・NHKマイルカップを連続2着したギベオン

新馬から3連勝したレイデオロの弟レイエンダなどの強豪馬も多いですが、

当サイトではジェネラーレウーノを一推しします。

 

時点はコズミックフォースで!

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

096225

確率に賭ける馬券師:タカシ
詳しいプロフィール

人気ブログランキング!


データ理論ランキング

このサイトの情報はお役に立ちましたか?もし役に立ったのなら応援ポチをお願いします!

最近の投稿
当サイトのメニュー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報