京都大賞典 データから見えた勝ち馬! 

目安時間:約 4分

 

10月8日(月)は京都大賞典(G2)が行われます。

 

 

京都大賞典は、伝統あるG2戦です。

 

僕のような競馬歴の長い人にとっては、同日に京都で京都大賞典、

東京で毎日王冠というのが頭にしみこんでいます。

 

でも、最近は体育の日に絡めた月曜祝日が多くて3日間開催となり、

日曜に毎日王冠で月曜に京都大賞典が行われる形になっていますね。

 

 

 

個人的には固い重賞という印象が強いのですが、その通りに過去10年では

馬連の3桁配当が3回で1000円台が2回と半分は固く収まっています。

 

かと思えば馬連万馬券も2回出ていますし、そのうちの1回は9万馬券です。

 

 

 

では、まずは馬齢からみてみましょう。

 

連対率トップは4歳馬で[4、5、1、16]と4勝をあげています。

勝率は15.3%、連対率34.6%です。

 

次は5歳馬です。[5、3、4、22]と勝率は14.7%%、連対率23.5%です。

 

ということは、ここ10年で4歳馬と5歳馬で9勝です。

 

昨年は7歳牝馬のスマートレイアーが勝ちましましたが、これはレアケースでしょう。

基本的には6歳以上の馬は狙わなくても良いと思われます。

 

 

 

 

実績面ではどうでしょう?

 

京都大賞典は、毎日王冠ほどではないもののそれなりの実績は必要です。

 

連対馬20頭のうち重賞勝ちの実績があったのは14頭。残りの6頭のうち4頭は

重賞での連対実績がありました。そのうち2頭はG1です。

 

 

 

 

京都の2400メートル戦らしく、京都の長距離適性も重要です。

 

特に菊花賞で好走した馬は京都大賞典でも強いです。

 

菊花賞で4着以内に入っていた馬は[3、4、3、8]と勝率は16.7%%、

連対率38.9%です。

 

今年の登録馬では、菊花賞の好走馬は優勝馬のサトノダイヤモンドのみ。

 

シュヴァルグランは菊花賞には出走していませんが、京都の同距離重賞の

日経新春杯2着、同3000メートルの阪神大賞典1着という実績もありますし、

昨年の京都大賞典でも3着でしたから、データ的にはほぼ同実績といって

良いでしょう。

 

 

こう見ていくと、データからはサトノダイヤモンドシュヴァルグラン

2頭が抜けていますね。

 

データをすべてクリアしたという点から、当サイトでは

サトノダイヤモンドを推奨します!

 

 

穴党にとっては面白くないレースになりそうな予感です。

 

 
 

 

人気ブログランキングに参加中です ↓ ↓

もしよろしければ、こちらをクイックして応援していただくと嬉しいです!

 

 

 

 
 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. […] ⇒データで見えた 京都大賞典の勝ち馬!はこちら! 人気ブログランキングに参加中です ↓ ↓ […]

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

096225

確率に賭ける馬券師:タカシ
詳しいプロフィール

人気ブログランキング!


データ理論ランキング

このサイトの情報はお役に立ちましたか?もし役に立ったのなら応援ポチをお願いします!

最近の投稿
当サイトのメニュー
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報